ダウ理論で入れないところでエントリー

27日のGBP/USD 5分足
jhjhddjdj.png


ダウ理論は昔からあるもので今でもきちんと機能しますよね。

もちろんこれだけでも勝ち越せるのですが、ダウ理論で説明がつかない所もたくさんありますよね。
それは、上位足などをいくつか確認すればわかるんですけど、難しいですよね。
オシレーターのダイバージェンスでもわかりますが、ダイバーはいたる所で起きていますし、設定数値はいくらでも変えられます。

この手法だとチャート1枚でダウを無視して簡単なルール通りでエントリー出来るんですよね。
このチャートだと売りエントリー直前の上昇で直近の高値を更新しています。

ダウ的には安値を更新して更新したラインにヒゲでタッチして反発しているピンクの矢印辺りで売りエントリー。
もしくはラインを更新して少し戻りがあった所で戻り売りで入る感じだと思います。

でもこれだとどう見ても遅いですよね。特に最後のピンク矢印のポイントなんかはもう既に下がりきっていて
そろそろ上昇を警戒しなければいけない所です。
手法でエントリーした黄色矢印とは30pips以上の開きがあります。
おいしくないですよね。

勝ち組になるには、なるべくおいしいエントリーを心がけましょう。

Tlow手法はこちら

DLmarket

fx-on

バイナリ―オプションやるなら絶対にここが良いです!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

相場ハンター

Author:相場ハンター
本業をしながらFXで着実に資産を増やしている
見た目は平凡な社会人です。
でも実は2年ぐらい前から本業よりもFXの儲けの方が
多いのは同僚には内緒です(^^)v
このブログでは日々の投資結果を掲載していきますので
よかったら見ていってください!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
投資費用はここで稼ごう!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
オススメFX口座
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR